[Z印] ならず者と異国の姫君





前作レビューはこちら
ならず者シリーズの続編
前作で有名人になった6人が魔王の任務を受け、和風の国の女性たちを凌辱するストーリー

戦闘高速化:〇
どこでもセーブ:〇
回想全開放:×
取り返しのつかないエロシーン:×
クリア後要素:×
強くてニューゲーム:×
エンカウント:追尾ありシンボル
敗北時:特定地点に復活



・ゲーム面

前作の続編だが、雑魚だったならず者がそこそこ強くなったという以外に何も違いはないのでプレイしていなくても問題ない
エリア3つにボスが3人と短めで、各エリアに簡単な謎解きあり
エンカウントがランダムからシンボルに変更、CGモードと常時ダッシュ実装やゲーム加速がより早くなったりと、UIが改善されている

ならず者たちは前作スキルをほぼ全部覚えた状態
2段階あった魔法はヒール以外統一されて1つになっている
また、ホセのリカバーと全体魔法、メペソの無属性魔法はなくなり、ボブにデバフ魔法が追加されている

装備もそれなりに強く、初期装備で最後まで行ける
途中でアクセサリを拾えるので、それがあればさらに有利になる


・エロ面

3人のボスキャラ、4人のモブキャラとのエロがある
ボスはCG複数だが、勝利時の1回のみ
モブキャラはCG1種で、2回目は簡略版
2回目は別キャラなので、2Pカラーとなっている
また、オープニングで前作、エンディングで今作キャラとの乱交CGがある

キャラはくのいち、雪女、座敷童、ねこまたなど和風女性
やはり全員処女で輪姦のみ
前作にあった二穴責めはなくなっている


・感想

前作が分かればあっさりプレイでき、100円としては破格のボリュームの作品
ゲームバランスも多少の改良は入れつつそのままで、似たような感覚でプレイできる
スキルは最初から揃っているので、ストレスなくプレイできるだろう
また、ベンの脅かすが速度補正付きで全体になっており、雑魚敵はこれでほぼ封殺できる

ストーリーは相変わらずのならず者たちのやり取りが楽しい
今作では協力者として忍者のカゲマルがいて、ツッコミ役として物語を盛り上げてくれる
また、謎解きのヒントに対して色々とコメントをしてくれるが、まるで役に立たない

前作が気に入ったなら、値段も安く同じ乗りでプレイできるのでオススメできる
ストーリー的なネタバレもないので、この作品をやって合うようなら前作をやるのもいい

不満点は再凌辱という要素がなくなってしまった事
ボスキャラとは1度しかできず、モブキャラは毎回違うキャラとなっている
そのため、凌辱して囚われ、また輪姦されるという前作の良さは薄れてしまったと感じた
単純な凌辱が好きならば気にならないだろうが、その点は少し注意してもらいたい





ネタバレをクリックで展開





関連記事

コメント

非公開コメント