[WILD FLOWER] ぬるぬるドットアニメRPG コレット姫の大冒険

ぬるぬるドットアニメRPGコレット姫の大冒険

クーデターで王権を奪取した主人公ダークが、元姫であるコレットを調教しながら王国の問題を解決するストーリー
当然コレットはダークに強く反発しており、序盤はかなり陵辱色の強い作品になっている

戦闘高速化:×
どこでもセーブ:○
回想全開放:×
取り返しのつかないエロシーン:×
クリア後要素:×
強くてニューゲーム:×
エンカウント:追尾シンボル
敗北時:ゲームオーバー


・ゲーム面

システムはシンボルエンカウントRPGで、シンボルが高速なので狭い場所では避けるのは難しい
逃走は確実に成功するようだが、逃走後の無敵時間がないのですぐ離れないとまた戦闘に入ってしまう
戦闘バランスはそこまで厳しくなく、アイテム集めのイベントのついでに稼いでいれば詰まることなくクリアできる
4人パーティだが仲間になるキャラは4人いるので、主人公とコレットを除く一人は留守番をさせることになる


・エロ面

ドットエロによる主人公による調教が11シーン、モンスターによる陵辱が6シーン、CGのエロシーンが6シーン
モンスターは定番のスライム、触手のほか、ふたなり女モンスターとのシーンもある
他の女キャラのシーンがドットエロで1つのみあるが、ヒロインのみフルボイスである
出産やスカなど、ややマニアックなシーンが警告なしで出てくるので耐性のない人は注意したほうがいい
序盤のコレットの調教は起こさないと話が進行せず、モンスターエロは勝利後に発生し、アイテムを集めて渡すイベントはストーリー進行にかかわらず起こすことができたので、見過ごすと取り返しのつかないシーンはない


・感想

戦闘がややぬるく感じたものの、良質なエロと意外性のあるストーリーで楽しめた
ドットエロは大きく表示されアニメも激しく動かしているので実用性があるし、ドット自体の出来もよい
ふたなりミノタウロスのCGシーンと、サキュバスの勝利エロが特に好みだった
エロだけではなく、終盤の大型ボスのドットも細かいところまで表現されており、懐かしい気持ちになった
ストーリーは中盤までお使いばかりで薄かったが、終盤一気に謎を明かす形式で、ラスボス戦は非常に気持ちが盛り上がった
戦闘面では、ステータス異常が非常に強いことが気になった
雑魚相手にほぼ確実に睡眠や麻痺が効くのはありがたいが、ボスにも効いてしまいそのまま終わってしまうことが多かった






ネタバレをクリックで展開




関連記事

コメント

非公開コメント