[ラブリープリチー超愛してる] ゼヴェンの孕姫


ゼヴェンの孕姫

王位継承の試練のため、男だらけの町に冒険者として潜入した姫騎士レティシアが、町でセクハラされまくりながらダンジョンアタックするストーリーのダンジョンRPG

戦闘高速化:○
どこでもセーブ:× 街中のみ
回想全開放:○
取り返しのつかないエロシーン:○ 開放で回収可能
クリア後要素:○
強くてニューゲーム:×
エンカウント:ランダム
敗北時:ゲームオーバー


・ゲーム面

ランダム生成のダンジョンの10Fを1階層として階層ごとに突破しながら、拠点となる町でイベントをこなす形式
町の施設を利用するには多額のGを払うかセクハラを受ける必要がある
アイテムはレベルと能力がランダムについており、能力を付加するエレメントというアイテムもある
ジョブは8種類あり、一階層ごとにイベントをこなせば新しいものが開放されていく
育成はレベル上げのほか、ジョブごとにスキルツリーがあり、進めていくことで新しいスキルを習得できる
階層ごとに新たな問題が発生し、対策への報酬としてセクハライベントが過激になっていく


・エロ面

ダンジョンの階層ごとに段階が分かれており、徐々に内容が過激になっていく
下着姿の要求から始まり、全裸から上半身の接触解禁、下半身のお触りを経てラスト階層近くなってようやくセックスが解禁される
各施設ごとに階層毎のエロがあり、任意のセクハライベントもあるので、テキスト量は非常に多く、男だらけの町で欲望のはけ口にされる女騎士の気分を徹底的に味わえる
サービスの対価としてエロを要求されるので、短縮版のシーンがあるのも実用性が高い
終盤には街中の男性ほぼ全員と話すだけでエロが発生するようになるが、段階単位で回想が見られるのも使いやすくてよかった
複数の男にノリノリで輪姦されて朝までやりまくる、というシーンが非常に好みなので、そういうシーンが大量にあったのが嬉しい
一方で、徐々に調教されていく段階を書きたいという狙いはわかるが、その階層段階では最初に見たイベント以上に展開が進まないという問題がある
イベントごとに固定のCGではなく、いくつかのCGを場面ごとに使いまわす形式だが、CG数が多いのと台詞にうまくあわせているので、そこまで使いまわし感はない
テキスト量は圧倒的であり、好みの場面があればかなり実用性が高い


・感想

ゲーム内容もとても面白く、エロの質量にも圧倒される作品だった
スキルツリー形式の育成は、最終的に取りたい戦術を考え、計画を立てながらジョブを使い分けていく楽しみがあった
振りなおしのコストも高くないので、いろいろ試してみることも出来る
装備はエレメント育成がとても面白く、装備をどんどん材料にして強力なエレメントを作っていくのは楽しかった
敵は各階層ごとに特徴があり、ジョブやエレメントをうまく使い分けていく必要がある
そのあたりの情報も町で詳しく説明され、体を対価に対策アイテムを得ることができるのはうまく考えられていると思った
モンスター図鑑にレティシアのメモがつけられているのも個人的には嬉しい点だった

エロは潔癖な女騎士が徐々に堕ちていく様をじっくり堪能でき、とうとうセックスに至った時は感動すら覚えた
その後のシーンではこれまでセクハラのみだったカタルシスを開放でき、とても実用性が高い
その反面、同じようなシーンがどうしても続いてしまうので、段階式のエロというものの問題点も見えた
たとえばパイタッチがオーケーになる階層では最初のシーンで解禁され、それ以降はパイタッチ以降の進展が全くないシーンが続くことになる
男性の射精描写もフェラが解禁になるまでは皆無で、かなりモヤモヤした気持ちが溜まることうけあいである
一度本番が解禁されてしまうと、序盤のような軽いセクハライベントはほとんどなくなってしまうので、箸休めができない
この町の男は全裸好みばかりらしく、着衣セックスの展開が一度もないのも気になった
男キャラは大量にいるので、手コキしか要求しない男やぱふぱふ好きの男など、バリエーションをつけるとよりよかったと思う
また、クリア後にある目標を立ててイベントを見ていくことになるが、それを達成してもその後特にイベントがないのは残念

やりこみとしてセクハラを一切受けずに進めていく場合、ダンジョンから出るごとに起きるマナ中毒(全ステータスダウン)の解消に毎回一万Gかかることと、エレメント強化が出来る魔法屋が使えないことが大きな問題となる
特に魔法屋によるエレメント強化はこのゲームで一番面白い部分だったので、後ほど魔法屋のみの開放を条件にハードでセクハラなしプレイをやってみようと考えている

現在はクリア後ダンジョンがアップデートで追加されており、大いにやりこむことが可能となっている
個人的には、2018年で一番のゲームであったといっても過言ではない





ネタバレをクリックで展開




関連記事

コメント

非公開コメント