[HONEY SOFT] 転生したら巨根オークだった件。

同人ゲーム攻略サイトです

35歳でコンビニバイト、コミュ障キモオタ童貞という詰んだ生活を送る大久保は、ある日女神によって異世界に転移させられる
しかし強すぎる性欲によってオークに変わってしまい、女神を手籠めにして異世界で凌辱無双ライフを送るストーリー

戦闘高速化:〇
どこでもセーブ:× ダンジョン内不可
回想全開放:〇
取り返しのつかないエロシーン:〇
クリア後要素:×
強くてニューゲーム:×
エンカウント:-
敗北時:ゲームオーバー




・ゲーム面

異世界のキャラを元現代人のオークが凌辱するなろう系作品
各地にいる女性を凌辱しながら、女神の世界の脅威である魔王を倒すのが目的

チート要素が強く、雑魚敵は接触するだけで一蹴でき、ボスにもほとんど苦戦しない仕様になっている
一部ダンジョンのギミックを無視するゴリ押しも可能


各所にある赤い炎はその場での会話イベント、青い炎は他のキャラ視点のサブイベント
期間限定の物も多く、配置はわかりやすいが取り逃しに注意が必要
回想部屋に登録されるので、見逃しても以前のセーブを使うか回想を全開放する事で見られる

アイテム図鑑があり、隠し要素の解放に収集率100%が必須
大久保の操作パートで取れるアイテムは全て後からでも回収可能
一部のサブイベントで他のキャラ操作中限定のアイテムがあるが、事前に図鑑番号まで指定された注意があるので回収は難しくない



・エロ面

回想数は28
ほぼ全てが大久保による凌辱や和姦シーン
2種類だけ女性キャラ操作時の敗北エロがある

ヒロインはメインが爆乳2人、つるぺた1人のバランス
パイズリ、フェラと本番が半々くらいで構成されている

ほとんど全イベントがストーリー上で発生する
一部任意のイベントもあるが、誘導が丁寧なので見逃す可能性は低い


エロシーンの射精数を設定する精液ブーストシステムあり
半数程度のシーンで採用されており、4回連続射精まで増やすことができる
当然ただ射精するだけではなく、そこに至るまでのテキストがあり、CGの精液量も増える
ブーストレベルを上げる精力剤は有料だが、お金に困ることはほぼない

回想部屋はタイトルから行ける
作中で見たイベントが共通で登録されるため、取り逃してもセーブを分けていれば回収可能
回想部屋の中からいつでも全開放できる



・感想

非常に良質なストーリーとともにエロを楽しめる作品
ギャグ色が強いが、シリアスに締める所は締めている王道ストーリーを楽しめる
メインヒロインである女神とレム、一緒に異世界転移したバイト先の後輩少女とキャラたちも魅力的
オープニングやアイキャッチなど、同人エロゲでは珍しく演出面にも力が入っている

町の人の会話が変わるポイントが2度あり、彼らの生活を眺めるのも楽しい
最後の1回はラスダン直前の短い間なので、クリア前に見逃さないようにしたい


エロは性欲の強いオークという設定上非常に濃厚
メインエロシーンで射精回数を増やせるブーストシステムは、抜かずの連発シーンが大好きな自分にとっては最高の物だった
あまり大量射精を好まない人から見ると、ほどほどの状態で抑えられるのもメリットだと思う

戦闘はおまけ程度で難易度は皆無
大久保がいる戦闘では全ての敵を1ターンキル可能
大久保不在で敗北エロありの戦闘もあるが、初期状態でも問題なく勝てる

探索部分もダンジョンが短く、ギミックを無視できる要素もあるのでかなり楽
入れるポイント、イベントが起きる場所をマークしてくれるので、見逃しにくく非常に親切
アイテム集めが要素解放に必須となっているが、取り逃しのないよう丁寧に誘導してくれる
ダンジョンの入口と奥をつなぐワープがあり、ダンジョン内で見逃した場合の回収もしやすい


気になる点は同人エロRPGというより商業エロゲらしさがある事
基本的にメインのストーリーに載せてエロシーンが展開される流れで、RPG部分はおまけ感が強い
シーンをゲーム上で繰り返し見たり、ゲームシステムとエロが結びついていたりはしないので、エロRPGとして見ると異質な作品

個人的には、アイテム集めで手に入るのがただの装備アイテムだったのが残念
装備として役に立つことはほとんどないので、いっそネタ要素の強いものにして集めて楽しめるものにして欲しかったと思う

また、ストーリーの主張が強い分、合わない人には楽しめない可能性が高い
ストーリーの尺自体も長く、スタートから最初の本番シーンまで30分ほどかかる
とあるゲームの演出をツクールで再現するなどメタネタやパロディを含むギャグもあり
ストーリーの雰囲気は一定しているので、まずは体験版をプレイ推奨


DLはこちら
DLSITE

FANZA




ネタバレをクリックで展開




関連記事

コメント

非公開コメント