[ウォータースプーン] プリズナの人形使い

プリズナの人形使い

ふとしたきっかけで手にした伝説の指輪の封印を解くために迷宮を捜索する3DダンジョンRPG
魔王を目指す少女ベルロード、機械人形のアロッド、冒険者の少女レミー、狐巫女のヒフミの4人がプレイヤーキャラとなる
完全コンプまで5時間程度

戦闘高速化:×
どこでもセーブ:○
回想全開放:×
取り返しのつかないエロシーン:×
クリア後要素:×
強くてニューゲーム:×
エンカウント:ランダム
敗北時:その場復帰


・ゲーム面

3Dのワールドマップを歩き回り、ダンジョンを探して潜入、探索するのがメイン要素となる
マップはやや広いものの、各施設までの方向は道で示されており、各所にアイテムも散らばっているので探索のストレスはあまりない
封印を解く為に必要なダンジョンは大まかな位置が地図で示され、さらに入った段階でそこに封印の鍵があるダンジョンかわかるようになっている
各ダンジョンにはAFというレアアイテムがあり、ダンジョン制覇の証として入手すると経験値が入るほか、装備として使えるAFもある
ボスは最後の封印解除時と、ラストダンジョンの2体しか存在しない

HPが0になると犯されMPが0になると戦闘不能になるシステム
HP0でも行動でき、蘇生ではなく回復スキルで復帰できる
MPの減少も緩やかで、4人PTであることもあってかなり難易度は低い
主人公ベルの初期装備のスキルが燃費が悪いが非常に強力で、MP回復スキルも持っているので、基本的にはそれのゴリ押しで進むことが出来る
ボスのみ犯してくるのではなくトドメを刺してHP0から戦闘不能にしてくるので、かなり難易度が上がる


・エロ面

CGエロはベルとショタキャラのエロが前戯~挿入で5種、PTキャラの輪姦陵辱がそれぞれ1種、アロッド以外のキャラのレズシーンが3種で、取り返しのつかないシーンはない
戦闘時の立ち絵エロがベルのみモンスター20種分、ほかのキャラが汎用1種ずつで、ベルのみ喘ぎボイスあり
戦闘中に押し倒されると輪姦モードになり、敵モンスターが次々と愛撫や挿入を仕掛けてくる
モンスターはドロップアイテムを闘技場に持っていくと、そこで自由に戦えるようになる
女性型モンスターはふたなり設定の切り替えによって、挿入攻撃をしてくるかどうか選択できる
処女プレイをする場合、最初にショタとのイベントで処女防御の結果符が1枚、最初の村の近くで3枚手に入るので、それを装備していれば陵辱を防止できる


・感想

3DダンジョンRPGは移動に時間がかかるので面倒さが強いが、このゲームはそこまでストレスなくプレイできた
ダンジョンがそこまで広くないこと、厄介な仕掛けが少ないこと、エンカ回避アイテムが安価なこと、探索の見返りに手に入るアイテムが多いことがその理由だと思う
戦闘は敗北する方が難しい難易度で、ボスにも必勝法が存在するのが少し残念
ベルの初期魔法だけではなく、全体スタンや自動挑発など、目に見えて強力なスキルが序盤に手に入ってしまうのが問題に感じる
エロに関しては、CGシーンはかなり実用性が高い
輪姦シーンは少年インプやふたなりキャラ相手なので陵辱感が弱く、気軽な印象がある
全てのシーンにおいて、言葉攻めや快楽攻めを中心にねっとりとしたシーン展開が特徴
立ち絵エロはほぼ汎用ではあるものの、淫乱度によってリアクションが変わるのが良い
特にアロッドは輪姦イベントで淫乱度が大きく上がり、戦闘中もこれまでの無反応からあからさまに変わるのは興奮した
ベルの立ち絵に関しては、モンスターごとに体位が変わり、全て輪姦に対応しているなど、バリエーションはとても多い
大群を相手にすると代わる代わる挿入され、射精や絶頂カットインが次々入るなど、実用性が非常に高かった
しかし、基本的に相手がペニスのみの描写でモンスターごとの特色を生かしたものが少ないのが欠点
特にふたなりキャラが設定だけでイラスト描写も台詞もないのは残念に思った






ネタバレをクリックで展開




関連記事

コメント

非公開コメント