[魔法少女倶楽部] 魔法売りの少女


魔法売りの少女

両親を亡くした娘リリィが意地悪な叔母に引き取られ、魔法売りで稼ぐよう言いつけられ、稼げない魔法売りの代わりに売春に手を染めていく……というストーリーの作品


いまどき回想すらなく、ストーリーも薄くて残念な出来ばえである
魔法売りという斬新っぽい設定が出てくるが、なぜ魔法は時代遅れなのか、小さい子がよくわからないまま営業しているが、そもそもどういう商売なのかも分らないまま、売春を覚えて以降は全く出てこなくなる
ゲームとしての面も皆無で、2回野外売春をして叔母にお金を渡すと、娼館に行くよう言いつけられる
そこで娼館で働くか否かの選択しかゲームのプレイヤーとしてする事はない
受ければ娼館ルート(グッドエンド)、断れば触手ルート(バッドエンド)に分岐する
プレイ時間は全シーンをじっくり見ても15分あれば終わる

エロシーンは
・初めての無理やりペッティング+ぶっかけ
・拘束バイブ責めで処女喪失
・娼館でシックスナイン
・娼館で騎乗位初セックス
・娼館エンドのシーン(CG2種)
・触手の実験台にされ媚薬触手攻め
・媚薬中毒になってしまい自宅で自慰
・触手エンドのシーン(CG2種)

以上10種類とシーン自体も少なくコスパが悪い
イラストの質はよく、キャラ立ち絵の表情差分も豊富で、ぶっかけ、中出し差分もしっかりあってその点に不満はない
テキストも無知な少女をねっとり染め上げていく魅力はあるが、あまりにシーン数が少ないのでやや駆け足に感じる
総合的に、ゲームである必要性があまりにないのでCG集として出したほうが良かったのではと思った

関連記事

コメント

非公開コメント