[ものつーる] ものくえすと

ものくえすと


シンプルなミニアクションRPGで、シフトでダッシュ、決定キーで攻撃という操作のみ
ストーリーも特になく、ギルドに来た新人の格闘家少女が依頼をこなしていくというもの
依頼はクリア後も何度でも受けることが出来る


戦闘高速化:×
どこでもセーブ:×
回想全開放:×
取り返しのつかないエロシーン:×
クリア後要素:×
強くてニューゲーム:×
エンカウント:なし
敗北時:拠点に戻る



・ゲーム面

パラメータには疲労度と服HPがある
疲労度は攻撃とダッシュで上昇し、攻撃のダメージが徐々に落ちていく
さらに50越えるとダッシュができなくなる
疲労度は立ち止まっていれば徐々に回復していく、歩きでも回復速度は落ちるが回復する
服HPは被弾ごとに10減っていき、0になると全裸状態で拘束されるようになる
拘束状態で何かキーを押すと抵抗ダメージが入り、レバガチャで大ダメージを与えられる
しかし、拘束中は相手の体力が徐々に回復する上、疲労度も溜まりダメージが減っていくので敵の体力しだいでは倒せない場合も多い
疲労度200以上で拘束中に中出しされると依頼失敗でギルドに戻される

攻撃は2マス先まで届き、手前に敵がいても貫通して2体同時にダメージを与えることが出来る
そのため、なるべく敵を一列に並べて叩くと素早く倒せる
基本的には、疲労度を回復しながら2体同時に叩くようにしていくといい
わざと拘束されて抵抗ダメージを与えたほうが処理が早いが、敵が多いと疲労度が回復できずにやられてしまう
拘束中の自動回復だけでなく、中出し時に全回復されてしまうので、ボス相手に使うときはそれまでに倒せるか見極める必要がある


・エロ面

雑魚相手の拘束セックスと依頼上のエロイベント
依頼は8種類だが、それぞれに複数のアニメシーンがあり、合計31種類になる
輪姦、眠姦、ショタ、触手とシチュエーションは幅広く、ドットアニメがかなり動くので満足度が高い
反面、主人公の台詞は全くなく、男の台詞もそこまで多くはないのでテキスト面では弱い
個人的には、コロシアム敗北からの輪姦と、鬼ごっこショタのエロが好みだった


・感想

シンプルなシステムながら様々な依頼を用意されており、全く飽きが来ずにプレイできた
主人公の台詞はなく淡々としているが、色々なシチュと良質なドットアニメが合わさりエロシーンもとてもよかった
クリア後は全ての敵のいるフリーバトルルームがあり、好きなように輪姦されることができる工夫もありがたい
欠点としては、疲労度の回復がやや遅く感じた
特にダッシュでも疲労があがるので、ヒットアンドアウェイをする時のテンポが悪く、時間ばかりがかかった
また、犯されてからの逆転が好きなので、個人的には拘束中の回復はなくしてほしかった






ネタバレをクリックで展開




関連記事

コメント

非公開コメント