[清水庵] 私がビッチな性騎士ですわ!






領主の娘の聖騎士エレーネが、町人のためと悪魔のサキュアに騙され、ビッチ堕ちするストーリー
エレーネ編、サキュアの過去編、2人の共闘編の三編に分かれている


戦闘高速化:○
どこでもセーブ:○
回想全開放:×
取り返しのつかないエロシーン:×
クリア後要素:×
強くてニューゲーム:×
エンカウント:追尾シンボル
敗北時:ゲームオーバー



・ゲーム面

シナリオが3本に分かれているのが大きな特徴
エレーネ編、サキュア編をクリアする事で最後の共闘シナリオが解放される
それぞれのシナリオで入手したアイテムやレベルは引き継ぎ
エロシーンはエレーネ編にしか存在しない

システムは特筆する点の無いツクール戦闘
購入品はアイテムのみで、装備は宝箱から入手する
エレーネが補助魔法が得意なバランス型、サキュアが魔法特化の杖と物理攻撃の斧を使い分けるタイプ
敵シンボルの追尾能力は高いが、逃走成功率も高めで逃げた相手はすり抜ける事ができる
シンボルに後ろから接触すると先制、されると不意打ちになる仕様がある
それを利用し、いきなり後ろから来て初手で全体即死スキルを使う罠モンスターがいるので注意


・エロ面

シーン数は8シーンで、エレーネ編で全て見られる
異種姦3、対人3、ふたなりとレズが1とバランスの良い構成
1シーンのボリュームは多いが、CGの差分は少なめ
サキュアはレズのみの登場で、メインはエレーネのみ
2人のふたなり相互フェラのシーンが好みだった

アーマーブレイク要素があり、ダメージで立ち絵がボロボロになっていく
エレーネとサキュアは2種類の衣装あり
立ち絵の表情差分を見られる場所がある


・感想

エロは正直不満足だが、ストーリーを含めたゲームとしてのボリュームは良かった作品
エロの問題点はシーンの少なさもさることながら、CG差分が少ないのも問題点
触手で全身愛撫されてから挿入されるシーンで最初から2穴に触手が刺さっていたり、
電マ責め後に輪姦されるシーンでは電マのあるCGしかないので挿入があっさり流されたり
といった問題が発生してしまっている
テキスト部分にはかなり力が入っているだけに残念だった

おそらく分業なので、新たにCGを差分とはいえ追加はできない状況だったと思う
ならばテキストの方をCGに合わせたり、最初はCGの一部のみを表示して挿入後に全体を出すなど、
違和感のない工夫をしてほしかった

ストーリーはエロを交えつつもしっかりした構成で、読み応えのあるものだった
罠にかかって魔物に責められ、信じていた村人から乱暴されてビッチに堕ちるエレーネ編
エレーネを罠にかけたサキュアがなぜ力を求めているのかを見るサキュア編
和解した2人が共通の敵と戦う共闘編と、どれも惹きつけられる内容
特にラスボス戦前のやり取りはとても熱いものだったと思う

ゲームとしては快適性重視のシステムで、ストレスなくプレイできた
ダンジョンごとにある入り口と最奥のワープ地点や、逃走率の高さなどがありがたい
戦闘難易度はやや高めで、装備の購入がない事もあり惜しみなく回復アイテムを使ってちょうどいいバランス
自分はアイテムをケチる性質なのだが、意識を切り替えて贅沢に使ってプレイしてみると新鮮だった

雑魚敵の奇襲を使った即死罠も初登場時には解説があり、避ける手段もあるので緊張感を保つのによかったと思う
とある場所にある初見殺しの罠に見事かかってしまったが、事前に不穏な気配を感じてセーブしていたので事なきを得た




ネタバレをクリックで展開






関連記事

コメント

非公開コメント